原状回復相場と坪単価

原状回復は、賃貸オフィスの退去や移転、居抜きなどの貸店舗の閉店や別の場所での新装開店に必要な工程です。賃貸オフィスや居抜き店舗の利用契約時に必ず掲載されている義務事項です。相場はいくらなのかは業者によって変わってきます。大まかに坪単価で計算されています。坪単価で2万円から5万円にオフィスの総面積をかけた数値が大体の相場となります。事前に計算して、業者一つ一つの見積もりと照らし合わせてみるのが最適です。業者によって坪単価の数値が異なるからです。良心的な費用を提示している専門の原状回復を行う業者は自ずと絞られてきます。仮に、退去時に、原状回復以来の相場が妥当かどうか判断するのは難しくなります。初期に貰った契約書の原状回復関連の説明が記載されている部分を再度確認するのが最適です。場合によっては、原状回復の依頼をしたことを想定しての金額の算出などが記載されている可能性があります。

事細かな内容としては、内部の壁塗装やライフラインの整備、間切り、壁の床変えなど、必要に応じた内容の見積もりを発想してきます。なるべく節約したい場合は、出来る範囲で、床や壁などの整備は自分たちの手で行って原状回復の対象範囲を減らす工夫をしましょう。また、事業主によっては、オフィスの雰囲気を含めて模様替えをしたいけど、移転したときの原状回復費用が心配になるという場合もあります。多額の費用を費やした分、廃棄されるよりそのまま次の利用者に使ってもらいたいと思っている人もいます。業者を選べば、リフォームしたままの設備で退去が出来ます。次の入居者がその状態で利用できるよう交渉するサポートをする業者があります。