原状復帰の工事内容

貸し店舗の場合は、最初の契約や必要資料を提出して初めて、利用することが出来ます。何らかの事情で店舗を閉める時が来てしまったら、今後の利用者のことを考えて、原状復帰する必要があります。原状復帰は平たくいえば、掃除や機材の撤去のことを指します。ですが、普通の掃除や機材撤去とは異なり大掛かりなものになります。扱っていた機材が大きかったりしたら、内装解体工事やスケルトン工事、廃棄物処理と言った事を行わなければなりません。内装解体工事は、不要となる所有大型家具や機材を解体撤去して廃棄処分等をすることを指します。依頼した専門業者の手によって、外に運びやすいよう細かく解体して貸し店舗の中から出す方法です。それほど大掛かりな工事をして、貸し店舗の状態を契約前まで戻します。

スケルトン工事は、解約後の貸し物件に新たな契約者が訪れることを想定して、設備等を一新することです。建物構造体を残して一度解体してから契約前の元の状態の環境に戻す手法を表します。一番大掛かりで大規模な工事となります。その分、次の契約時に、真新しい環境の店舗を魅せることが出来るのです。殆どの場合は、コンクリート打ちっぱなしの状態にするのが一般的です。大規模な工事で生じた廃棄物を専門業者にあずけて処理してやっと、原状復帰が完成となるのです。貸し店舗を解約して店を締める人にとっては知っておくべきことで、業社によっては、費用が発生する場合がありますので事前に確認してから原状復帰を依頼しましょう。